negura

記事一覧(44)

活性酸素

活性酸素という言葉を聞いたことがありますか?最近、耳にするようになった活性酸素について記事にしようと思います。活性酸素とは以前の「紫外線」の記事にも少し書きましたが、活性酸素とは、呼吸で体内に取り入れられた一部の酸素が変化して、細胞などを酸化させる酸素のことをいいます。呼吸で体内に取り入れる酸素にうち1%~2%が活性酸素に変化するそうです。人は呼吸をする以上、活性酸素の発生は止められません。活性酸素は体内のさまざまな物質と反応して酸化させてしまいます。この酸化作用は、ウイルスなどの外敵が体内に入ってきたとき活性酸素を出して攻撃してくれます。体内の免疫機能や感染防御の役割ですね。その一方で、外敵ばかりでなく細胞などの酸化も進めてしまいます。健康番組などで「細胞が酸化する」「細胞がサビる」などと表現されているのがこのことです。活性酸素が増えると活性酸素を減らせばいいというものではありませんが、増えすぎてしまうと身体に影響があります。生きていれば老化は止められませんが、これは活性酸素によるものだそうです。活性酸素が影響しているものは、老化やがん・疲労・動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病・認知症・リウマチ・白内障・シミしわなど、ありとあらゆるものに関係しているようです。増やさないためには・タバコを控えましょうタバコの煙は活性酸素を発生させたり、その他の有害物質も含まれています。また、抗酸化作用のあるビタミンCも破壊してしまいます。・アルコールはほどほどに肝臓がアルコールを分解する過程で活性酸素が発生します。程よいところでやめましょう。・脂肪の取りすぎに注意脂肪の多い食品は酸化しやすいので、酸化した食品を取ることで活性酸素で酸化するのと同じ作用があるそうです。・ストレスストレスも活性酸素を発生させる要因になっています。ストレスで悪くなった血流が回復するときに活性酸素が発生します。・過剰な運動も控えましょう適度な運動は健康的ですが、エネルギーを大量に使うようなものは、酸素も多く取り込むことになるので活性酸素も発生しやすくなります。・紫外線を防ぎましょう紫外線がシミ、しわの原因になることは知られていることですが、それは活性酸素の発生による酸化が原因です。※紫外線について他にもまとめたものがこちらです。

コーヒー

コーヒーはお好きですか?ここ数年は特にコーヒー人気も高く、コンビニでも淹れたてのコーヒーが簡単に手に入るようになりましたね。今回はコーヒーについて調べてみました。コーヒーの成分カフェイン・クロロゲン酸類・小糖類・多糖類・アミノ酸・タンパク質・脂質・灰分が入っています。コーヒーの効果コーヒーと言えばカフェインが最初に思い浮かぶのではないでしょうか。カフェインには、中枢神経を刺激して眠気を覚ます覚醒作用や、記憶力・思考力・運動機能を向上させるとされています。また、利尿作用・抑炎作用・脂肪分解酵素を活性化して血行を促進し代謝を上げる効果なども期待できるようです。次に、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸類ですが、ポリフェノールには老化や生活習慣病の原因になる活性酸素を除去する抗酸化作用があります。その他にもクロロゲン酸には血糖値上昇抑制、血圧改善、内臓脂肪減少などの効果が確認されています。コーヒーの飲み方上記ような効果・作用があるので、飲み方を工夫してあげるとより効果的に楽しめると思います。・1日の量「コーヒーを1日3~4杯飲む人は、まったく飲まない人に比べて心臓や脳血管、呼吸器の病気で死亡リスクが4割程度低い」という研究結果でています。この”1日3杯”程度がいいようです。5杯以上になるとインスリンの働きが鈍くなり糖尿病のリスクが高くなるという報告もあり、飲みすぎには注意が必要です。・タイミング脳の活性化や覚醒作用からも、朝や仕事中は飲みたい時間ですね。他にも、運動前やお昼寝前に取ると良いようです。コーヒーの効果が出るのは飲んでから30分程過ぎてからなので、運動する30分前に飲むと運動機能向上や代謝促進・脂肪分解のお手伝いになったり、お昼寝前に飲むとちょっと休んで目覚める時に覚醒作用が効いてきてスッキリ起きれると言われています。起きた時に光を1分程見るとより目が覚めます。まだ眠い時などにお試しください。まとめコーヒーの効果は素晴らしいですね。コーヒーの香りにはリラックス効果もあるといわれていて、朝や日中の活動時などは飲むと良い気分転換にもなりますね。しかし、先ほども書きましたがあまり取りすぎると今度は悪影響もあるようなので注意も必要です。量もそうですが、カフェインが体質に合わないと、コーヒーを飲むと頭痛が起きたり、具合が悪くなったりすることもあるため、そのような場合は決して無理に飲まないようにしてください。そして、カフェインの作用は私たちが考えているより長く続き、就寝6時間前のカフェイン摂取でも睡眠が1時間短くなる可能性があるそうです。その一方で、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸類は、夜の寝つきを良くすることが報告されているようです。最近はカフェインレスのデカフェも売られていますね。そういうものも上手に取り入れていきたいですね。コーヒーでリフレッシュもいいですが、neguraのドライヘッドスパもいかがですか?頭を揉みほぐした後は、すっきりと軽くなりますよ。是非お試しください。心よりお待ちしております。ご予約はこちらからどうぞ。

連休明けの疲れ

ゴールデンウイークが終わってもうすぐ2週間がたとうとしています。このくらいの時期が一番疲れが出てくるころではないでしょうか?連休明けの症状・片頭痛  ・うつ症状  ・だるさ、倦怠感 ・集中力、注意力が散漫・めまい  ・肩こり  ・下痢、便秘など、休んだはずなのに思いがけない症状に悩まされる場合があります。連休の過ごし方・海外国内旅行、帰省旅行はとてもリフレッシュできますが、気分も高揚します。その分旅行中は疲れに気づきにくく、後になって出てくる場合があります。特に海外は、気候の違いや時差なども手伝って帰ってきてから体調に変化が現れやすいです。・家でゴロゴロ日中活動しない分、夜になっても眠気が出にくく夜更かし気味になりやすいです。生活リズムが狂ってしまい余計疲れてしまいます。・慣れないこと旅行や家でゴロゴロもそうですが、普段やらないことは大したことではなくても、生活のリズムやペースが崩れ思いのほか疲れるものです。連休と睡眠日本は4月から新年度ということもあり、環境が変わった方も多いのではないでしょうか。そんな中、”長い連休でせっかく慣れた生活がまた狂ってしまった”という方もいるかもしれません。今年は特に、慣れない10連休で生活の変化が長く続いたことで、自律神経や体内時計が乱れている可能性があります。人は、夜更かしは簡単ですが早く寝ることは難しいようです。理由は眠りに落ちるためには準備が必要だからです。眠るために睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌され始めたり、活発に活動するための交感神経の働きがリラックスするための副交感神経に変わる必要があります。その寝る準備が始まるのが、いつも寝る時間の1~2時間前になります。休みの間夜更かしなどで寝る時間がずれると、この”寝る準備”もずれてしまい、いざ早く寝ようという時に眠れなくなってしまいます。まとめ生活のリズムを変えるというのは、思っている以上に難しいことです。よい睡眠が取れないともちろん疲れも取れませんし、上記の連休明けの症状も出やすいです。そして、その症状も自律神経や体内時計の乱れからくる症状と一致します。ずれてしまった睡眠時間を早める方法は、15分~30分位づつ早めると入眠しやすいようです。”ちょっと早い時間に布団に入る”を1週間ほど続けてみて、慣れてきたらまた”ちょっと早める”を繰り返していつもの時間に戻していきましょう。始めのうちは睡眠時間が短く辛いかもしれませんが、眠れないと焦ったり気にしすぎてしまうと余計眠れなくなり、睡眠障害に移行してしまいます。少しずつ慣らしていきましょう。連休の疲れにneguraのドライヘッドスパはいかがですか。疲れている時はむくみなども出やすいです。頭を揉みほぐしてすっきりしませんか?心よりお待ちしております。ご予約はこちらからどうぞ。

紫外線

だんだん暖かくなって過ごしやすくなってきましたね。それに伴い紫外線の量も多い季節になってきました。紫外線の種類紫外線には、「UVA(紫外線A波)」「UVB(紫外線B波)」「UVC(紫外線C波)」があります。よく聞くのは、A波とB波ですね。C波はこの中で最も有害ですが、波長が一番短く酸素とオゾン層で吸収され地上に届かないそうです。地上に届く紫外線はA波とB波で、その約95%がA波になります。A波は波長が最も長く身体の奥まで浸透・吸収しやすく、皮膚の表皮・真皮・脂肪層うち真皮にまで到達し、しわやたるみの原因になります。B波はA波より波長がやや短く表皮までですが、有害性が高く赤く炎症させシミの原因になります。また、皮膚がんや免疫低下などの原因にもなるので注意が必要です。紫外線の量もちろん紫外線は一年中降り注いでいますが、4月から徐々に増え始め5月~8月がピークになります。9月10月もまだまだ油断はできないですが、徐々に減って冬の間は比較的少なくなります。1日のうち、B波は午前10時から午後2時ころまでがピークで、A波は日差しのある時間はずっと降り注いでいます。曇っている日も、紫外線量はあまり変わらないそうなので、対策はしっかりした方がいいようです。紫外線と疲れ紫外線は、日焼けだけでなく疲労にも関係しているとご存知でしょうか。紫外線をたくさん浴びると、運動をした時のように活性酸素が発生し、疲れが蓄積することが分かっているそうです。活性酸素とは、呼吸で体内に取り入れられた一部の酸素が変化して、細胞などを酸化させる酸素のことをいいます。最近よく健康番組などで「細胞が酸化する」「細胞がサビる」などと表現されているのが活性酸素のことで、抗酸化作用があるとしてポリフェノールなどが紹介されていますね。活性酸素は悪いばかりではなく役割もきちんとあるのですが、その一方で老化やがんなどの原因にもなります。仕事や運動などの活動時は酸素を多く取り込み、活性酸素がたくさん発生します。紫外線をたくさん浴びると紫外線に反応して体内で活性酸素が生じるそうです。海やプールサイドでゆっくりしているだけで、泳がなくても疲れた経験はありませんか?仕事や運動の時のように紫外線でも疲労の原因になるんですね。まとめ活性酸素が直接疲労感をもたらすわけではありませんが、紫外線が活性酸素を発生させ疲労の原因の一つになっています。※これとは別に活性酸素についてまとめますね。この時期は、天候がまだ安定せず気温差なども手伝って疲れが出やすいですね。今年はゴールデンウイークが10連休だった方も多く、いろんな疲れが溜まっているように見受けられます。疲労を回復するには睡眠が一番です。しっかりと質のいい睡眠をとることが疲労回復に効果があることもわかっています。これからどんどん暖かくなって楽しい季節になりますが、睡眠もしっかりとって疲れを持ち越さないようにしましょう。疲れすぎてしまうと、今度は睡眠もよく取れません。行楽シーズンの疲れにneguraのドライヘッドスパはいかがですか?疲れている時は頭もコリやむくみがでてきます。頭の揉みほぐしをぜひ体験してみてください。心よりお待ちしております。ご予約はこちらからどうぞ。

あくび

先日、NHKの”チコちゃんに𠮟られる”であくびのことを放送していました。皆さんは観ましたか?あくびについて書こうと思っていたので、まとめたいと思います。チコちゃんによると人は眠くなるとなぜあくびが出るのかという問題でした。そして、その答えは、「脳の温度を下げ、適温を保つため」でした。通常脳の温度は、36~37度に保たれているいます。脳が疲れたり満腹になると、休息モードになり血流量は減少・脳の温度は低下し眠気を感じるようになります。人は脳や内臓の温度(深部体温)が下がると眠くなる性質があります。しかし、仕事中などで寝てはいけないとき、脳の働きを活発にするため身体は脳の血流を増やし脳の温度を上昇させて眠気を覚まそうとします。そうして眠らないために脳の温度を上げるのですが、人の脳は39度まで上昇すると脳機能の低下や細胞が破壊されることもあるため、身体は脳を守るために今度は温度を下げなくてはいけません。そこで出るのが”あくび”です。あくびをしたとき大きく息を吸いこみます。吸い込んだ空気がのど付近の血管・血液を冷やします。同時に、口をあけてのどの筋肉が血管に圧力をかけ、冷えた血液を脳へ押し上げます。冷えた血液が脳に送られ、温まった血液が脳から排出されることで脳の温度を下げるという仕組みだそうです。人間て、単純でとても複雑なことをしているのですね。酸素不足の説以前は、環境や疲れなどで血中の酸素が足りなくなった時に、あくびをすることで酸素を取り込んでいるという説が言われていましたね。私も聞いたことがあり、信じていました。しかし、今では否定されているそうです。通常の呼吸とあくびでは、取り入れられる空気量の差はさほど大きくはないそうで、血中の酸素も上昇しないことが実験で分かっているそうです。まとめあくびは他にも、緊張している時にあくびが増えたり、他の人のあくびが伝染したりなどいろんな種類がありますが、まだはっきりとした理由が分かっているわけではないそうです。ちなみに、熱くなった脳を冷やすためのあくびは、氷などで頭を冷やすと出にくくなるそうですよ。これは、実験で結果が出ているそうです。あくびによって冷やすか、物理的に冷やすかということでしょうね。neguraでも、施術後クールアイマスクをして5分ほどそのままゆっくりしていただきます。上記のような脳のオーバーヒートとは目的は違いますが、揉みほぐしで血流が良くなって熱を持つので冷やす目的です。頭は熱くなっているとボーっとするので、ドライヘッドスパが終わった後にクールダウンしています。お仕事や勉強など頭を使って疲れた時も、少し冷やしてあげるといいかもしれませんね。※冷やしすぎには注意してください。頭痛の原因になるので、5~10分位が良いと思います。疲れた脳の癒しにneguraのドライヘッドスパはいかがですか?ゆったりと心地よい揉みほぐしはリラックスにとてもいいですよ。是非お試しください。お待ちしております。ご予約はこちらからどうぞ。

neguraでの過ごし方

今までお越しいただいたお客様がとても気にされることがあります。「寝ている間にいびき掻いたらごめんなさいね」「いびき掻いたら恥ずかしいな」と気遣ってくださるお客様がたくさんいます。お気持ちは分かります。が、ご心配はいりません。なぜなら、私しかいないからです!マンションの一室のとても小さなサロンですが、他のお客様がいないということは、どんなにいびきを掻こうが、寝言を言おうが、誰かに迷惑がかかる事はありませんよ。きっと私に気遣っての一言だと思うのですが、neguraに来ていただいた時はそんな気遣いも忘れて、ゆっくり過ごしていただけたらと思います。普段からきっと、周りへ心遣いや気配りをされる方々なのだと思います。そんな優しい方は気疲れもしやすく、眠れなかったり、眠りが浅い傾向にあります。neguraでは、そういうお客様方が肩の力を抜いてリラックスして過ごしていただく為の場所でありたいと思っています。あと、中には「寝てしまったらもったいない」「せっかく揉んでもらってるのを味わいたい」と頑張って起きていようと思う方がいるようです。※当サロンではまだ出会ったことはないのですが…それは、逆に”もったいない”ことなのだそうです。心理学の先生のお話によると、無理に起きているより寝てしまった方が効果があるそうです。これは、マッサージのお話で言っていた事なのですが、マッサージに限らずドライヘッドスパやリラクゼーションなどにも言える事だと思います。心理的な要素だけでなく、身体の反応としても頷けます。起きているときは交感神経が優位の状態です。ドライヘッドスパやリラクゼーションを受けている時は、寝ている時と同じ副交感神経が優位の状態です。交感神経と副交感神経は天秤のようにバランスを取っていて、同時に働くことがありません。施術を受けて、身体が副交感神経に傾いているのに、無理に起きていようと頑張ると自律神経に無理が生じ、余計に疲れてしまいます。せっかく、リラックスしに来たのに非常にもったいないことです。なので、neguraにお越しの際は何も気にせずゆっくりお過ごしください。いびきや寝言も全然OKです。心よりお待ちしております。ご予約はこちらからどうぞ。

GABA

GABAをご存知でしょうか。数年前から話題になっていましたね。最近は、GABAが含まれているお菓子が売られていたり、サプリメントもたくさんでています。GABAとはγ-アミノ酪酸(ガンマ-アミノらくさん)gamma-Aminobutyric acid を略してGABAとよばれています。アミノ酸のひとつで、主に脳や脊髄で抑制性の神経伝達物質として働いています。興奮を鎮める作用やリラックスの効果があるとされています。よくストレス対策として販売されていますね。GABAの働きGABAには、抗ストレス作用・抗不安作用・リラックス作用・安眠・血圧低下などに効果が期待できるとされています。脳の抑制系の神経伝達物質として、興奮を鎮静させたり、ストレスを和らげたりしてくれます。人は興奮しているとき、ドーパミンなどの興奮系の神経伝達物質が分泌されます。GABAが不足すると、その興奮系の神経伝達物質の過剰な分泌を抑えることが難しくなってしまい、リラックスできにくくなってしまいます。ストレスや緊張・興奮の状態が続くと、交感神経が優位の状態も続きます。GABAを取ることによりリラックスできると、副交感神経に切り替わることができるので、自律神経を整えるためにも役立ってくれると思います。GABAの増やし方GABAは体内で合成することができます。GABAは植物や動物の中にある天然のアミノ酸で、色々な食べ物の中に入っています。発芽玄米に多く含まれているようで、100gの中に10㎎のGABAが入っています。他にも、トマト・キノコ類・なす・じゃがいも・かぼちゃ・きゅうり・メロン・みかんなどの野菜や果物、ぬか漬けやキムチなどの一部の発酵食品に含まれているようです。先ほども書いたように、最近はお菓子や食品・サプリメントなど効率的に取れるものも発売されてますね。そして、GABAは睡眠中に作られます。GABAを取ることにより副交感神経が優位になり、リラックスすることで安眠につながります。よい睡眠を取ることでさらにGABAが増え、好循環になることが期待できます。まとめGABAは日々作られますが、神経伝達物質としてどんどん消費されます。睡眠時間が短かったり、GABAの摂取が足りないと、不足してしまいイライラや不安な症状が出やすくなります。また、年齢とともに作られる量も減ってきます。ストレスフルな生活や年齢とともに減ってしまった分は、食事面で気をつけたいですね。GABAもいいですが、neguraでもリラックスのお手伝いをしています。頭を揉みほぐすと、お顔のむくみや、頭のコリもスッキリします。頭を揉みほぐしている間は、ウトウトと心地よい時間をお過ごしください。心よりお待ちしております。ご予約はこちらからどうぞ。

寒暖差と睡眠

暖かい日も多くなり、桜が満開になり、気持ちのいい季節になりなしたね。そうかと思えば、数日前まで寒の戻りがあり、またコートを着るほど寒くなったり、日中暖かくても朝晩はまだまだ冷え寒暖差が気になりなすね。寒暖差疲労寒暖差疲労という言葉を聞いたことありますか?寒暖差に身体がついていけず、疲れやだるさが出てしまうことをいうそうです。人間の身体には恒常性という機能があり、体温・脈・血圧など身体の内部環境を一定に保つように働いていて、身体が熱くなれば汗をかいて体温を下げる、逆に寒くなると身体を震わせて体温を上げます。このように、身体を一定に保つ働きは自律神経が司っています。寒暖差が激しいこの時期は、日によって熱くなったり寒くなったり、1日の中でも最高最低の気温差が10℃以上違うことも多くあります。この気温差に身体を対応させようと、自律神経が頑張って稼働しているので、エネルギーが消耗され、疲れてしまうのです。寒暖差と睡眠寒暖差があると自律神経が乱れてしまいがちです。自律神経が疲れてしまうということは、もちろん身体も疲れているということですね。自律神経が乱れると、頭痛・めまい・不眠・肩や首のコリ・胃痛・便秘・体の冷えなどの不調が出てしまいます。またそのような状態が続くと、寝ても疲れが取れなかったり、朝なかなか起きられないなど慢性的に疲労が抜けなくなってしまいます。疲労が蓄積されると、また自律神経の働きが悪くなり、交感神経と副交感神経の切り替わりが上手くできなくなるので、質のいい睡眠も取りにくくなります。そしてまた…と悪循環に陥ってしまいます。対策なるべく温度の差をなくすことです。”春だから”とだんだん薄着になってしまい、通勤の朝や夜に寒い思いをしやすい季節です。少しだからと我慢していると、やはり自律神経に負担がかかります。荷物になってしまいますが、脱ぎ着できるもので対策を取りましょう。あと、暖かくなってきたのもあり、湯船に入らずシャワーだけで済ましてしまう方も増えるようです。まだ夜には身体が冷えてしまうので、湯船につかって温まってあげると、いい睡眠を取りやすくなります。他にも、リラックスする時間を作る・ストレッチする・温かい飲み物を飲むなど、自律神経を整える対策もいいと思います。まとめ自律神経は、健康に過ごすためにもとても大切な器官のひとつです。そして、とてもデリケートで環境やストレスで乱れやすいです。体力がない方は特に、気温の差も感じやすいし、自律神経も乱れやすいので、注意が必要です。季節の移り変わりは常にあることなので、気温の影響を受けないで過ごすことは難しいことですが、春は暖かくなってイベントもふえる季節なので、気持ちよく過ごしたいですね。春の疲れにneguraのドライヘッドスパはいかがですか?頭をゆったり揉みほぐす心地よさを、ぜひ体験してみてください。ご予約はこちらからどうぞ。

睡眠時間

皆さんは、1日どのくらい睡眠を取れていますか?世界的に見ても、日本人女性の睡眠時間はとても短いようです。日本人女性の平均睡眠時間日本人の平均睡眠時間は、全体で7時間22分だそうです。そして、細かく見ると、日本人女性の平均睡眠時間は、30代で7時間05分、40代で6時間41分、50代で6時間31分というデータがあり、働き盛りの世代が短い傾向にあるようです。この年代は、家庭のことや仕事で忙しい方が多いので、どうしても睡眠時間が削られてしまうようです。これは、先進国の中で最下位だそうです。睡眠時間が短い理由一般的な理由に挙げられているのは、働きすぎ・通勤時間・IT機器の利用があるそうです。働きすぎ日本人の働きすぎというのは、昔から言われていますね。私は海外で働いたことがないので海外のことはわかりませんが、どうしても残業が多い国という印象があります。年間の労働時間は、以前よりは減ってきているそうですが、平日1日のあたりの労働時間は増えているそうです。昔のような休日出勤が減り、土日祝日はしっかり休めるようになった分、残業は減らないようです。通勤時間の長さ都市部に住んでいる人に多くみられる傾向だそうで、睡眠時間と通勤時間が逆の形で相関しているそうです。とは言っても、通勤時間が長いのは都市部に限ったことではありません。私は田舎出身なのですが、田舎での生活はどこに行くにも遠く、通勤も皆さん車で時間をかけて通っていらっしゃいます。長い労働時間に加え長い通勤時間が合わさると、自由に使える時間が減ってしまうのは当然ですね。IT機器の長時間利用IT機器の利用は日本に限ったことではないですが、理由の一つに挙げられています。IT機器の長時間利用は、単純に寝る間を惜しんで仕事だったり、SNSだったりをしてしまう事で、睡眠時間が削られてしまいます。あとは、ブルーライトの問題です。ブルーライトを浴びることによって、体内時計が乱れたり、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が抑制されると言われています。ブルーライトは専門家によって意見が分かれているところもありますが、寝る前に強い光を浴びるのはあまりお勧めできません。まとめ睡眠時間が短くなってしまう理由は、どれも頷けますね。最近は”働き方改革”などで、残業時間を少なくする動きや、テレワークなど働き方の多様化が進んできています。しかし、仕事の量が減ったわけではないので、なかなか難しいという声も聞きますね。他にも、睡眠時間だけではなく、日本人は睡眠の質も落ちているという報告もあるようです。必要な理想の睡眠時間は、個人によって違いははありますが、もっと自由に使える時間が増える世の中になると嬉しいですね。睡眠時間が足りない・寝たのにすっきりしないという方、neguraに癒されに来てみませんか。頭が揉みほぐされていく感覚を、ぜひ体験してみてください。お待ちしております。ご予約はこちらからどうぞ。