ヘッドスパとドライヘッドスパの違い

ヘッドスパとドライヘッドスパの違いをご紹介したいと思います。

ドライヘッドスパもだんだん増えつつあるので、ご理解している方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単にご説明させていただきます。


美容室で行っているヘッドスパ

美容室のヘッドスパは主にシャンプー台で行うものが多いかと思います。

目的としては、頭皮のコンディション(皮脂汚れや乾燥・フケ・かゆみのケアなど)を整えるものや髪のコンディション(ダメージや髪質ケアなど)を整えるものが多いですね。

頭皮や髪の毛のケアを行って、これから生えてくる髪の毛も健康に保ちましょうというものです。

※ヘッドスパの種類はたくさんあるので、これが全てではありません。


ドライヘッドスパ

私が説明できるのはヘッドマイスターによるドライヘッドスパに限りますが、当サロンで行っているドライヘッドスパは、水やオイルを使わず頭のうすい筋肉をしっかり捉え、ストレッチしてもみほぐしていきます。

身体の筋肉は自分で伸ばすこともできますが、頭の筋肉はなかなかできません。

そこでヘッドマイスターの21の手技を使いもみほぐしていきます。

このドライヘッドスパで大切にしているは、ぐいぐいと力いっぱい押すことではなく、ゆったりと心地よい刺激を送ることです。

強い刺激は脳が活性化され、交感神経が優位になりリラックスできなくなってしまいます。交感神経は仕事をしたり活発に動くときには優位であってほしいですが、リラックスを目的としているときは静まってほしいのです。(自律神経のお話は別の記事でかきますね。)

その心地よい刺激は、頭部の必要な血流を促進し、心身ともに眠りに誘うようなリラックス効果が期待できます。

neguraではゆったりうとうととリラックスして過ごしていただきたいので、上記のことを大切に施術させていただきます。


まとめ

ヘッドスパとドライヘッドスパは、目的や方法に違いがありますね。

その中でヘッドスパにも色々種類があり、ドライヘッドスパにも当サロンとは違うやり方のところがたくさんあります。

今はたくさんのサロンがありすぎて、自分に合うものを探すのが大変ですが、楽しみながらいろいろ試してみるのがいいかもしれませんね。

neguraも是非お試しください。お待ちしております。


ご予約はこちらからどうぞ

head rilaxation salon negura

女性専用・完全予約制のプライベートサロンです。