眼のケア

今回は、眼のケアについて記事にしようと思います。

現代ではパソコンやスマホは欠かせないツールになっているので、どうしても目の疲れは切っても切れない問題になっていると思います。


眼のメカニズム

眼から入った光は角膜を通過し、瞳孔を通って水晶体に達します。ここでピントを合わせ、網膜の黄斑に焦点を結びます。その情報が、視神経を通じて脳に伝達され像として認識されます。


眼の筋肉

眼球の周囲には、「内眼筋」と「外眼筋」があります。「内眼筋」は眼球内にある筋肉で視力の焦点を変える筋肉です。

「外眼筋」は眼球の外側にある筋肉で、眼球の運動をつかさどっています。眼球の向きを変えるときには外眼筋がバランスをとりながら作用しています。


眼の疲れ

本を読んだり、パソコンやスマホを見ている時は、外眼筋の内側の筋肉を使って、眼を内側に向けています。長時間近い距離ばかり見ていると、身体と同じように、ずっと同じ姿勢でいると血流が悪くなりコリが起こります。この状態が疲れ目・頭痛・肩こりにつながり、症状が進むと、眼精疲労へとつながります。


ドライアイ

ドライアイは、涙の量が減って眼が乾いてしまう状態をいいます。

症状は、眼の疲れ・痛み・ゴロゴロする・ショボショボするなど他にもいろいろあります。

主な原因は、空気の乾燥・夜更かし・加齢・コンタクトレンズ・パソコンなどの長時間使用などです。集中している時、瞬きが少なくなってしまうのも原因となっているようです。

あと、気をつけていただきたいのが、瞬きを途中までしかしていない方がいるそうです。目の特別大きな方や、瞼の筋肉が弱い方に多いそうです。完全に瞼が閉じられないまま目が開いてしまうと、涙の膜が覆われなくなってしまいます。瞬きによって、目の周りの筋肉が収縮し涙の分泌を促進しているので、乾きやすい方は意識して目を閉じてみてください。


お家でのケア

お家でできる簡単なケアは温・冷アイマスクです。市販でも色々商品がありますね。どんな商品を使ってもいいと思いますが、気をつけたいのが、温・冷の使い分けです。

温かいアイマスク

上記のような目の疲れやドライアイ、眼の下のクマがある時などは温めてあげるといいです。目の周りの血行不良が改善されると症状が和らぎます。

冷たいアイマスク

充血・炎症・かゆみなどの時は冷やしてあげましょう。泣いた後や擦った後、目が赤い時は炎症が起こっているサインです。

眼が重いという症状は、疲れている時も起こりますが、アレルギーなどでもボーっとして重い時もあります。原因を見極めて使い分けしてみてください。

余談ですが

個人的には、タオルを濡らして作るのがおススメです。ホットタオルは蛇口から出るギリギリ絞れるくらいの熱さで作るだけでも効果的です。大体、夜にやるので、ホットタオルでお顔全体覆って、冷めたらまた絞ってを繰り返します。10分を目安にして、その後スキンケアすると、スチーム効果でお肌にもいいですよ。単純なことですが、乾燥するこれからの時期おすすめです。

※温も冷もどちらも10分を目安にしてください。長くやればいいというわけではありません。


まとめ

今の私たちの生活では、目を酷使してしまいます。なるべく疲れを持ち越さないようにしたいですよね。温・冷アイマスクなら手軽に取り入れられそうですね。

とはいえ、これは症状が軽い時に、次の日に持ち越さないための対処法です。症状がひどい時や長引くときは、無理をしないで病院へ行きましょう。


neguraのドライヘッドスパでも、眼の周りのもみほぐしもしていますし、頭全体をもみほぐすとリラックスして副交感神経が優位になりますので、涙の分泌量がふえ眼が潤ってきます。

疲れ目やドライアイが気になる方、一度試してみませんか?

心よりお待ちしております。


ご予約はこちらからどうぞ

head rilaxation salon negura

女性専用・完全予約制のプライベートサロンです。