レム睡眠とノンレム睡眠

人間は1日動いて疲れた体を休めるために睡眠をとります。睡眠中に免疫機能やホルモンの分泌の調整を行ったり、記憶の整理や定着、感情や考えの整理を行っています。


レム睡眠

レム睡眠は、身体は眠っているのに脳は起きている時に近い状態で、浅い眠りの時です。

全身の力は抜け、呼吸や脈拍・自律神経など不安定になります。

瞼は閉じているのですが、眼球がきょろきょろ動いて、夢を見ているのもこのレム睡眠の時と言われています。


ノンレム睡眠

ノンレム睡眠は脳が眠っている状態です。レム睡眠が浅い眠りならノンレム睡眠は深い眠りと思われがちですが、ノンレム睡眠の中にも4段階の眠りの深さがあります。

1段階のまどろみの状態から、4段階の声をかけてもなかなか起きない眠りの深さがあり、脳はそれらを状況に応じて使い分けています。

この眠りは脳を静かにする眠りで筋肉を緩ませることはできません。夢はほとんど見ず、眠りが深くなるにつれ、呼吸や脈拍がゆっくりになりますが、筋肉が働いている状態なので寝返りをうつことはできます。


正常な睡眠

まず、入眠直後にノンレム睡眠に入り、1~4段階のうとうととまどろみ状態からどんどん深い眠りになり、その後にレム睡眠へと移行します。この5段階がセットになって約90分を一晩で3~5回繰り返します。

入眠直後のノンレム睡眠が最も深い睡眠で、レム睡眠の時間も短めです。起床に近づくにつれレム睡眠の時間が徐々に長くなり、このレム睡眠の時に起きれると気持ちよく起きることができます。


まとめ

個人差はありますが、レム睡眠・ノンレム睡眠が約90分を1周期で、起床のタイミングをそれに合わせるとすっきり目覚められるといわれています。

そして、入眠直後の90分が最も深い眠りなので、そこで質のいい睡眠をとれるとその後の睡眠も気持ちよく眠れるそうです。

理想ではそうあってほしいですが、レム・ノンレムの5段階のバランスが崩れてしまうこともあり、そうなると心や身体に影響が出てくるようです。

生活環境・ストレス・体内時計の乱れなど原因は色々あっても、自分ではどうにもできないこともあると思います。


neguraでは、気持ちよい睡眠をとっていただきたく頭のもみほぐしをしています。

ドライヘッドスパは、頭の筋肉を緩やかな刺激でストレッチし、心地よい信号を脳へと送ります。

neguraでもお手伝いできることがあると思いますので、ぜひお試しください。

お待ちしております。

head rilaxation salon negura

女性専用・完全予約制のプライベートサロンです。