アルコールと睡眠

今回はアルコールと睡眠の関係について書きたいと思います。

なかなか寝付けない時に寝酒を飲みたくなってしまったり、お友達と飲み会などでついつい飲みすぎてしまうなんてことが多い方は注意が必要です。


睡眠にアルコールがよくない理由①

アルコール類を飲んだ時、夜中に目を覚ましたり(途中覚醒)、次の日の朝早く目が覚めたり(早朝覚醒)しませんか?

寝つきは確かにいいですが、睡眠の質が悪くなることが研究で分かっているそうです。

先日も記事にしましたレム睡眠・ノンレム睡眠ですが、入眠するとまずノンレム睡眠に入り、その後レム睡眠になります。それが1セットで一晩に3~5回繰り返します。

飲んだアルコールの分解が体内で進んだ時に、血中のアルコール濃度が下がり離脱症状が起こります。それに加え、分解されるときに発生するアセトアルデヒドは覚醒する作用があり、それによりレム睡眠・ノンレム睡眠のバランスが崩れ、途中覚醒や早朝覚醒が起こるそうです。


その②

睡眠の質そのものも悪くなるのですが、生理現象でも睡眠に影響があります。

アルコールによる利尿作用や、寝汗をかきやすくのどが渇き目が覚めてしまいます。これは飲んでいる最中にも起こる現象ですね。

他にも、アルコールは筋肉の緊張を緩める作用があります。飲んだ後仰向けで眠ると、のどの筋肉や舌の筋肉が緩みいびきをかきやすくなります。

このような状態では、熟睡は難しくなってしまいます。


まとめ

飲んだ後に寝つきがよくなる分、睡眠に悪影響だなんて思わない方も多くいると思います。

なかには、寝酒に少しと飲んでいるうちに少量では物足りなくなったり、毎日の習慣になり飲まないと眠れなくなってしまうこともあります。こうなってしまうと、悪循環にはまり依存症へとなってしまうかもしれません。

そして、寝酒をする人はしない人より疲れやすいそうです。疲れをとるために眠りたい→眠るために寝酒をする→熟睡できずに疲れが残る→疲れているから眠りたいと負のスパイラルに陥ってしまいます。


散々書いた後になんですが、アルコールは適量を楽しむには健康にもリフレッシュにもいいものです。適量であれば、寝る3~4時間くらい前までに飲み終えると、分解されるようです。※分解の速さは個人で違います。

これから、年末年始のアルコールを飲む機会が増えると思いますが、飲み方に気をつけたいですね。


睡眠不足や疲れを癒しにドライヘッドスパはいかがですか?

年末年始の癒しに是非ご活用いただければ幸いです。お待ちしております。

head rilaxation salon negura

女性専用・完全予約制のプライベートサロンです。