セロトニン

セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られる神経伝達物質です。消化管に90%、血小板に8%、脳内に2%存在しています。

よく”幸せホルモン”や”幸福物質”などと呼ばれています。


消化管のセロトニン

90%のセロトニンは、小腸の粘膜の細胞の中で作られます。消化管のセロトニンは過剰に分泌されると下痢になり、分泌が少ないと便秘になってしまいます。

少し前に”腸は第2の脳”と話題になりました。消化管で作られたセロトニンが直接脳に届くわけでは無いようですが、不安や緊張が腸内細菌のバランスを崩したり、また、腸内細菌が神経伝達物質の分泌に影響があることが研究で分かっているそうです。

緊張する場面でおなかが痛くなったり、環境が変わって便秘になってしまったりするのも頷けますね。


脳内のセロトニン

脳内のセロトニンは、脳内で作られます。先ほども触れましたが、脳と腸はお互い影響していますが、脳に行くにはフィルターがあるため、腸で作られたセロトニンはそこを通り抜けることができません。そのため脳は脳で作る必要があります。

脳内のセロトニンの働きは、感情のコントロールや精神面、食欲、睡眠、自律神経などにかかわっています。

セロトニンが不足すると、自律神経が乱れたり、精神的に不安定になったり、睡眠障害などの原因になります。以前の記事(体内時計)でも書きましたが、メラトニンをしっかり分泌するためにはセロトニンが必要です。

セロトニンを増やすには

セロトニンを作るためには、必須アミノ酸のトリプトファンを食事でとる必要があります。トリプトファンは体内で作り出せないので食材からとるしかありません。

トリプトファンが多い食材は、大豆製品や乳製品、ナッツ、バナナ、肉、魚などが多いようです。一緒にビタミンB6や鉄分もとると吸収を助けてくれます。

他にも、

日光を浴びる

日光を浴びるとメラトニンが止まり、セロトニンが合成され分泌が活発になりなす。

軽いリズム運動

一定のリズム運動をすることでセロトニンの分泌に効果があるようです。ウォーキング・スクワット・マラソンなど軽い運動を20分位するといいそうです。ご本人が楽しくできるものを選んでください。

グルーミング

グルーミングとは触れ合いですね。親子・恋人・ペットなどと大切な時間を過ごすことでストレスホルモンを減らし、セロトニンを増やすことにつながります。

また、マッサージやリラクセーションを受けることも効果的です。


まとめ

一つ気を付けていただきたいのが、”甘いもの”です。疲れやストレスを感じている時、ついつい食べたくなってしまいますよね。甘いものは手っ取り早くセロトニンの分泌を促してくれます。しかし、一時的なので切れた時もっと欲しくなってしまうのです。私もついつい食べてしまうので、気をつけます!


色々書きましたが、簡単に言ってしまえば「気持ちいいなぁ」とか「ホッとするなぁ」と思えることをしてあげるとセロトニンを増やしてあげられると思います。しかし、日常生活で忙しかったり、ストレスで頭がいっぱいになっていたりすると、そう感じることを忘れてしまいます。そんな時はここに書いてあることを少し思い出して意識してみてくたさいね。


ドライヘッドスパもセロトニンを増やすことにお役に立てる一つです。

是非お試しください。お待ちしております。

head rilaxation salon negura

女性専用・完全予約制のプライベートサロンです。