成長ホルモン

成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。

成長ホルモンと聞いて、お子様の成長期に分泌されるホルモンと思っている方もいらっしゃると思います。しかし、私たち大人にとっても、とても大切なホルモンです。


子供と成長ホルモン

成長ホルモンは”身長を伸ばすホルモン”としてよく知られていますね。

子供は、成長期の寝ている間に成長ホルモンが分泌され、骨(身長)を伸ばし、筋肉が発達し、代謝が促進して成長します。よく”寝る子は育つ”といいますね。


大人と成長ホルモン

大人になれば身長は止まりますが、代謝を止めるわけにはいきません。細胞の新陳代謝はいろんな面で重要な役割があります。

骨・筋肉

大人になれば成長は止まりますが、骨や筋肉の維持に成長ホルモンが必要です。成長ホルモンが少なくなると、骨粗鬆症や骨折しやすくなったり、筋力の低下で疲れやすくなってしまいます。

成長ホルモンは、傷などの修復や皮膚の新陳代謝を促してくれる役割があります。古い皮膚細胞から新しい皮膚細胞へ変わり、古いものは垢となって剥がれ落ちます。成長ホルモンの分泌が少ないとこのターンオーバーはスムーズにいかず、シミやしわ・乾燥の原因になってしまいます。

爪・髪

爪や髪も例外ではありません。成長ホルモンが少ないと髪のパサつきや傷み、爪が薄くなったり割れたりなども起こってきます。

脂肪の代謝

成長ホルモンは脂肪を分解したり、血中のコレステロールを減らす働きがあります。

成長ホルモンが少ないと中性脂肪や体重の増加、血管にコレステロールがたまりやすくなったりします。少し前に”寝ないと太る”と話題になりましたが、成長ホルモンも関係しているようです。

※睡眠と体重増加の関係は他にもあります。また、別の記事でまとめたいと思います。


まとめ

成長ホルモンは、子供から大人までいつの年代にもとても大切なホルモンです。成長ホルモンの分泌は、眠りについてから3時間くらいの間がピークになります。その3時間は続けて寝た方がいいといわれています。

昔は、夜10時~深夜2時が”お肌のゴールデンタイム”と言われていましたが、寝付いてからの3時間が”ゴールデンタイム”の新常識のようです。

成長ホルモンは、寝れば寝るほどたくさん分泌するわけではないので、寝はじめの3時間にぐっすりよく眠れるように、寝るための環境も気にしたいですね。


ドライヘッドスパも、質の良い睡眠をとるためにお手伝いできる施術です。疲れやすかったり、よく寝むれた気がしない方、是非お試しください。お待ちしております。

ご予約はこちらからどうぞ。

head rilaxation salon negura

女性専用・完全予約制のプライベートサロンです。